ミスター ハーパーのblog

ハワイに魅せられ、何が何でも年1回はハワイを目標!
ハワイが大好きハーパーのドキドキ旅行記DBです。
おすすめ情報(グルメ、観光等)、エピソード、体験談!ちょっとしたノウハウを!

エピソード

こんにちは。ハーパーです。

今日は、ハワイのレストランの予約方法

について紹介します。

皆さん、ハワイでのレストラン予約は

どのようにされていますか?

1.旅行会社の現地窓口で予約する

2.ホテルのコンシェルジュへ頼む

3.自分で電話する

4.ネットでお店のページから
  予約する

5.ネットアプリで予約する

・それぞれのメリット、デメリット

1.2.相談の手間がかかる。
    いずれもBtoBの電話が
    発生。時間もかかる。
3.緊張する。英語力が必要

昔は頑張ってお店の方へ電話して、
予約出来てなかったり、
出来ていたらすごく喜んだり
していましたが、
今ではすっかりネット様ですね
堕落でしょうか。


4.検索し、店ごとに個人情報を
  入力、手間がかかる

5.自身の情報を登録しておけば
  簡単に登録各店の予約が可能
  予約可能時間も一目でわかる。

私は最近は『5』スマホアプリの
「オープンテーブル」を使用しています。
かなり便利で愛用しています。

予約可能な主なお店は以下です。
ご参考まで

・Bills Hawaii(ビルズ 笑)

・Tommy Bahama Restaurant & Bar - Waikiki, HI(シーフード)

・Orchids at Halekulani(地中海料理)

・Hula Grill - Waikiki(ハワイ料理)

・100 Sails Restaurant & Bar(アメリカ料理)

・Tiki's Grill & Bar - Waikiki(アメリカ料理)

・Arancino Beachwalk(イタリア料理)

・Taormina Sicilian Cuisine(イタリア料理)

・Maui Brewing Company - Waikiki(ビール、ハワイ料理)

・Arancino di Mare - Marriott(イタリア料理)

・Wolfgang's Steak House - Waikiki Beach(ステーキハウス)

・Hy's Steak House - Waikiki(ステーキハウス)

・StripSteak by Michael Mina - Waikiki(ステーキハウス)

・Ruth's Chris Steak House - Waikiki Beach Walk(ステーキハウス)

・Chart House - Waikiki(シーフード、ステーキ)


「オープンテーブル」は無料でダウンロード、課金もありません!(^O^)

はじめは、ちゃんと予約できているか
心配して、予約画面を印刷したり
予約確定メールを印刷したりしていましたが

アメリカはサービスインフラが整ってますので
入口で〇〇時予約のハーパーですと
言えば直ぐに入れてもらえますよ

便利になりましたね
感覚は日本ロケーションと同じです(^O^)

こんにちは!ハーパーです。

今日はノースの
ワイメア渓谷公園についての情報です

ワイメア・バレー(Waimea Valley)

私たちは、ノースショアで亀を探し※、

テッズベーカリーでハウピアパイを
食べた※後、(※後日報告します)

ワイメア渓谷公園へ行きました。

場所は、ワイメアビーチパークの所に

流れ出ている、ワイメア川の
上流にあります。

ハワイの自然に触れられる
オアフ島の公園です。
5,000種もの植物保護をされている
とのこと。

駐車場は割と広く、
入場料 16.95ドルを払い中へ。

まず、芝生の広場に綺麗?な孔雀が
出迎えてくれました。



いざ、滝までのトレイルへ
(目的地の滝まで、いろいろ見ながら
 歩いて50分ぐらい

木々を見ながら、川沿いの
舗装された道路を
歩いていきます。

所どころ、休憩用?のベンチもあります。

結構、歩きましたがなかなかです。
休憩しながら登っていきました。

なぜが、水着のローカルの方々と
すれ違います。
まさか?マノアと同じ?
(マノアについてはまた今度ご紹介)

色々な鳥もいます。


古代の住居の展示も
ありました。
生活の様子も実演されていました。

滝の手前の河原へは、
降りることができます。

川からは滝の音が聞こえてきます。

道へ戻り、少し歩くと

ゴールの滝が見えてきました。

『ワイメア滝、13.5メートル』

水量は まずまず。

やはり、キャーキャー泳いでました。
順番に滝に打たれてました。
というか、、なかなか滝の真下はには
行けないようでした。

日本では、滝といえば、神様等
神聖な場所として入れない所のイメージ
ですが、
アメリカは楽しんじゃうようですね。

でも、イオン感一杯の力強い滝でした。

入口まで戻り、葯2時間。
シダのような植物や、大木、小鳥など
沢山見れ、滝も見れ
良い運動もでき、有意義な時間を
過ごせました。

ビジターセンター付近の
カフェ、ギフトセンターにより
ワイキキ方面へ戻りました。

ワイメアバレー/ワイメア渓谷公園(Waimea Valley Park)
住所:59-864 Kamehameha Highway, Haleiwa, Oahu, HI
時間:9:00-17:00

こんにちは!ハーパーです。<emoji:face_foppish>

今日は少し前のレンタカーを借りて乗り始めた頃の
エピソード(小ネタ)です。

皆さん、テレビ、映画などで
  
・ホテルに着いてボーイさんに鍵を渡して颯爽と
       ホテルの中へ入るシーンや、
・ホテルを出る際、ボーイさんに車をエントランスまで
      廻して貰うシーン

記憶があると思います。

小市民の小職は日本で経験はなく、
早速やってみようと

なんて言えばいいのか?
英会話の本をいろいろ見ましたが、
なかなか見つけられません。

ウーン。(゜-゜)
そうだ、ホテルの案内を見ると、
ホテルの駐車場の値段に「バレーパキング」というのを
みつけ。にっこり。これだ!!

さっそく、車を借りてきて、
ホテルのエントランスに横づけ、

ボーイさんへ「バレーパーキング プリーズ」と言ってみました。

ルームナンバーを聞かれ、答えると、
タグを渡され、車を降りて、チップを払い
部屋の中へ。(^^) カッコいい!セレブ見たい 笑笑

一旦部屋に戻り、用を済ませ、
いざ外出です。

エントランスで、タグを見せると、ボーイさんがダッシュで
走って行きました。
「そんなに慌てなく手のいいのに。」
と言う間もなく猛ダッシュ。

2分程度で車が来ました。
さっと乗って、レッツゴーな感じでした。
かなり嬉しかったのを覚えていますが
お恥ずかしい話ですね。

帰国最終日の前々日に車を出した時に
ボーイさんに 「バレーパーキング フィニッシュ」と
伝え、夕方にレンタカーを返却しました。

翌々日(最終日)チェックアウト時の精算でのこと。

バレーパーキングの
請求書を見ると金額が予定より、80ドル多い!
あれあれ?
2日前から置いて無いのにね。<emoji:face_csweat>

日本語の出来ないフロントの方と
カタコトの英語の英語でバトル開始<emoji:face_csweat>
何とか分かってもらえ、余分に払わずに済みました。

後で、ホテルのHPを見ると、
バレーパーキングは
頼んだ日からチェックアウトの日まで自動加算される。
チェックアウト日以前に止める場合はフロントへ
申し出るようちゃんと書いてありました。<emoji:face_csweat>

流石アメリカ <emoji:face_csweat>
請求書はちゃんと見ないといけませんね!
という小さな話でした。

ちゃんちゃん<emoji:biccuri02>

ちなみに、バレーは一泊 45ドル、
数年前までは38ドル<emoji:face_csweat>値上がりしてます<emoji:face_csweat>

こんにちは!ハーパーです。

今日はマノアのカフェで朝食を済ませたあと

はじめてタンタラスの丘展望台へレンタカーで

向かいます。

言わずと知れた超有名なスポットですが、

そこそこ近場のスポットの為、後回しにしていました。

また、ハワイのオプショナルツアーで

「ロマンチックな夜景をタンタラスの丘から見る・・・」

ツアーガあり、是非、夜に行ってみたいと思っていました。

ただ、夜はレンタカーは危ないからツアーで

といううたい文句もあるので

下見としてレンタカーで昼間に行くことにしました。

その時のエピソードを紹介します。

序奏はレンタカーを借りるとき、NAVIをケチって

借りなかったことから始まります。

グーグルマップのナビで十分との意見を聞き

NAVIなし車をレンタル。(40ドル節約)

出発前に「タンタルスドライブ」をマップの目的地セット

こんなとこだっけ?という急こう配の別荘地のような道を

上りはじめ、すれ違いもできない道になり、

午前中だが、対向車も来ない、薄暗い山道へ。

かなり不安に

駐車スペースがあり、看板を見ると、マキキバレートレイル??

古い車が乗り捨ててあったりもして、ちょっと怖い。

もう少し、上かなぁと思いぐんぐん上りました

やっぱりおかしい、でも転回できない。

次に見えてきたのがカワラヒネ・トライル 入口

やっぱりちがう。絶対違う。!!

あらためて現在地を確認。

なんと、「タンタルス・ドライブ」を上っている。

タンタルス・ドライブの先にタンタラスの丘はなし。

三叉路でなんとか転回、狭い道路を一目散に戻る。

下まで降りると、マップを再確認して

セット。「タンタラスの丘」

マノア方面へ少し走り、すぐに整備された公園に到着。

歩いて芝生へ。

これは綺麗!よかった来れて!笑

カハラからワイキキから空港方面まで一望できました。



展望台のすぐ手前に駐車場はありますが

身障者や、送迎用の場所がほとんど

乗り入れてしまうと転回も大変そうです。

手前の広場の駐車場がベストでしょうか。

また、車上荒らし注意!とか

いついつ事件がありましたというような

張り紙があり、注意喚起されていました。

やはり夜は注意した方がよさそうですよ。

※夜景のツアーでも有名!

タンタラス、タンタルス ・・・。

こんにちは。ハーパーです。

今日は、ちょっとお恥ずかしいお話です。

マノアのカフェで朝食をとり
(別途ご紹介)

タンタラスの丘を迷いながら
車で登り(別途ご紹介)

カイルアビーチへ向かいました。

タンタラスを出たあたりから

尿意が、道も混雑していて
カイルアに入ったあたりでピンチに。

カイルアビーチまでは
もたないと思い

行ったことのあるカイルアの『ホールフーズ』でと、

駐車場に車を置き中へダッシュ。

1軒目『ホールフーズ マーケット』トイレ見つからず。
一番奥まで行って、逆戻り

これはだめだと、店を出て、右側の飲食店方面へ

2軒目『テディーズビガーバーガー』

「トイレが借りたい」と言うと、

「ない」と鼻で笑われ

そう、ここはアメリカ。

迂闊に貸せば、何が起こるかわからない

店側もトラブルはごめんですよね。

私はほぼ限界で

3軒目、『スタバ』へ。

鍵がかかっている。

そう、ここはアメリカ。

何か買うと番号を教えてくれる。と思った、が、
余裕なし。

お店のお兄さんに

「トイレに行きたいと。」
話すと

快く「どうぞって!」

神様、スタバ様!

それ以来、トイレではなく、カイルアに行くと

コーヒーを買いに寄っています。

ちなみに、断られた、テディーズビガーバーガーも

たまには買ってますよ!

日本のスタバの接客もとても好感がもてますが、

本家のアメリカからの教えなのでしょうね。


↑このページのトップヘ